電話番号 02-2659-325 営業時間 10:00~19:00 定休日 水曜日

最新トピックス

鏡~1 津留晃一の世界

2020年9月14日



この世は鏡であるとは一体どういう事でしょうか? 
目の前に映し出された現実という名の映像は、あなたのどんな考え方の反映なのでしょう。
思考が映像化されているため、そこには解釈が必要なようです。
あなたの内なる世界が象徴的に物質を通して表現されています。
その解釈によって、あなたは自分の人生のありようを決定しています。
すなわち解釈こそが人生となっていくわけです。
その解釈に正しいも間違いもない事をくれぐれも知って下さい。
「この解釈で正しいのだろうか」と人に尋ねるのはナンセンスです。
「これで正しいのでしょうか」と聞きたくなる気持ちは よくわかりますがまず「自分は間違っているのかもしれない」という信念が潜んでいる事に気づく必要があります。
そして私達は、自己否定的観念は必要ないという事を確認すべきかもしれません。
「私には間違いというものは存在しない」という真理を使って下さい。
人のためにではなくあなた自身のために、この鏡という現実を使って下さい。
あなたが他人の行為をみてこうしたらいいのに」と思ったときはチャンスです。
「あの人がこうしたらいいのにと、私には解るのですが、それを言ってあげた方が良いのでしょうか?」とよく私は尋ねられます。
人にアドバイスするかどうかはどちらでもかまいません。
良い事と悪い事はないのですから・・・。
どうぞ判断せずに直感に従って行動して下さい。
ですがこのチャンスを棒にふる手はありません。
今そこにはあなたがした方が良い事が映し出されているのです。
もしあなたが、その人がこうした方が良いと見えるのでしたら、あなた自身こそがそうして下さい。
他人に向けるアドバイスこそ自分に使って下さい。
私自身、そうやってここまで来ました。
クライアントの方に向かって言っているアドバイスを私自身が実践することによって私は自分を変え続けています。
思わしくない人間関係が今、目の前にあるとして、それが自分自身のどんな考え方の反映であるのかに迷った時はこうして下さい。
あなたが相手に「こうすればいいのに」と言いたいこと、それこそあなた自身がすべきことだと思って、
それを実践して下さい。いつの間にか人間関係の修復が済んでいることに
気付くことでしょう。
あなたが「誰かに否定された」と感じるとしたら、それはあなたが自分を否定している事の現れです。他人からの拒否を恐れているたくさんの人がいますが、あなたが何も否定しなくなったとき、もう誰かによって拒否されるという出来事は起こらなくなってきます。あなたは「家族とうまくいかないのは自分に問題があるかもしれないと謙虚に考えます。
自分が変われば全てが変わると思っているからです。
ですが「相手が変わらないのは自分に責任があるからだ」という思考を使ってはいませんか。
そんな発想こそ根元的自己否定の現れです。
これまで何度も「人を変えようとしないで下さい」と言ってきました。
それはあなたが悪いからではありません。現状が気に入らなければ、自分の考え方を変えてみてはどうですかと言っているわけです。
今あなたのまわりに、あなたを否定してくる人はいませんか? 
「何でこいつはいつも俺のことを否定するのだろうか」という思いがあるとしたら、ちょっと立ち止まって、この事を考えてみて下さい。
「何で俺は自分を否定しているのだろうか」と。
「俺が否定されるということは、俺が何かを否定しているはずだ」と。
「自分に悪いところがあるからに違いない」という観念があると、その想念があなたの外界に現れてきます。
あなたの思い通りにお前が悪い」という現実が起きてくるわけです。
外側に現実があると思っている人は他人から否定されると、即座に反撃を開始して自分の正しさを主張します。
戦いが始まります。そして長い他人との戦いに疲れ果てた人は、やがて外側にあるのは幻にすぎない、自分の想念が映っているだけだという事を悟ります。
ところが二極的思考になれきっている私達は「だとしたら今うまくいっていないのは自分に問題があるからだ」と考えます。
私達は「自分には克服すべき欠点がある」という誤解を信じ込んでいます。
硬い、硬い固定観念です。
欠点を悪しき物、修正すべき点と思い込んでいます。
永い間、欠点を克服することが人生であるという考え方を人類の集合意識が
選択してきたからです。
我々には克服しなければいけない欠点などありません。
どうか自分は間違いだらけの人間である」とか、「自分にはいたらない点がある」などという全く何の役にも立たない思いこみを手放して下さい。
誰がなんと言おうと、あなたは「自分が間違っている」などという誤解を信じ込み続ける必要は ありません。
その考えこそがあなた自身を否定する考えであるからです。
念のため、誤解のないように言っておきますが、あなた自身が自己正当化のために俺は間違っていない」と いい張ることと混同しないで下さい。
それはうまくいきません。よく苦しさのあまり俺は悪くない」といい逃れをしている人を見受けますが、自分や他人に「俺は間違ってない」と言い聞かせねばならないほど「自分が間違っているかもしれない」という思いこみがあることに気付いて下さい。あなたが「こうしよう」と言った時、誰かが「こうした方がいいのじゃない」と言ったとします。
そんな時、「ムッ」とする感情が出たとしたら要注意です。
あなたは瞬間に否定されたと判断しているのです。
相手が自分の意見を言っただけだと受け取れなかったわけです。
あなたが「否定された」と判断できるのは、あなたの中に、自分は否定されても仕方のない欠点があるという考え方を持っている場合だけです。

~2に続く

前の記事へ

次の記事へ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

月間アーカイブ

PAGETOP

Pachamamaについて | 営業時間・場所のご案内 | 天然石のご案内 | 商品のご案内 | オーダーメイドのご案内 | ギャラリー | 店長紹介 | 最新トピックス | 個人情報保護方針

Pachamama  2/44 Sukhumvit soi41, Klongtan Nua, Wattana, Bangkok 10110

Copyright © タイ・バンコクの天然石ショップ Pachamama